カナダの木材サイズについて

一般的な木材サイズには、以下の2つがあります。

            • 「Nominal / ノミナル(公称 または 呼称)寸法」という業界の慣用として使用しているサイズ
            • 「Actual / アクチャル(実)寸法」という実際に計ったサイズ

ツーバイ住宅に使用されるディメンションランバーは、サイズが材厚 2インチ、材幅 4インチ~12インチまでの偶数インチ(2インチとび)SPF乾燥材を指します。例えば、2×4材(JASによる寸法形式204)は、2インチx 4インチの材サイズを公称サイズで呼びますが、実際のサイズは、1-1/2インチ x3-1/2インチになり、一般的な呼称サイズと実寸法と異なります。これは一見歩切れでは決してなく、カナダNLGA格付け検査規格(NLGAルール)等で、呼称寸法と実寸法を厳しく既定し、実寸法に関しては一切歩切れを認めない厳しい規格を持つサイズ形体になっています。
この面倒とも思われる 2つの違る公称寸法と実寸法は、元々製材所で粗挽き材(グリーン材)を供給、使用する側がカンナ掛けをして表面仕上げをしていたという経緯がありました が、近年、構造材をKD(乾燥)材とする事や、これら「乾燥+表面仕上げ」を全て製材所で行うようになり、実寸法や仕上げが異なることから、公称(呼称)寸法で統一するようになりました。

下記の表 『北米材の公称(呼称)寸法と実寸法の違い』 は、現在流通している表面仕上げした一般的なKD(乾燥)材のサイズ違いを示した表です。この公称(呼称)寸法はそう呼ばれるだけでなく、原木を製材した 直後の粗挽き材のサイズです。これをグリーン(GRN)材と呼び、<人工乾燥の行程‐カンナ掛け(S4S or S2S)>の行程を経て、表右側の実寸法になるのである。人工乾燥の行程では、木材は乾燥する事で収縮し、鉋の切削とプレナーのロスで最終的に実寸法にな ります。
表中の寸法は、あくまで<人工乾燥‐カンナ掛け>をした時の一般的なサイズを表示しており、場合によっては、グリーン材を人工乾燥させず、そのままプレナー掛けする場合(この場合、SPF2x4材は、実寸法で、1-9/16 インチ x 3-9/16インチになる)や、人工乾燥させてそのまま仕上げないで出荷する場合も勿論ある。よって、色々なケースがある為、発注時には、公称寸法だけでなく、希望する実寸法を同時に伝えることが重要です。

北米材の呼称寸法と実寸法の違い

木材厚 木材幅 長さについて
公称寸法(Nominal) 実寸法(Actual) 公称寸法(Nominal) 実寸法(Actual) フィート ミリメートル
1″ 3/4″ 2″ 1-1/2″ 4 1,220mm
25mm 19mm 51mm 38mm 6 1,829mm
4/4″ 7/8″, 15/16″ 3″ 2-1/2″ 8 2,438mm
25mm 22mm, 24mm 76mm 64mm 10 3,048mm
5/4″ 1-1/4″, 1-5/16″, 1-5/32″ 4″ 3-1/2″ 12 3,658mm
32mm 32mm, 33mm, 29mm 102mm 89mm 14 4,267mm
2″ 1-1/2″ 6″ 5-1/2″ 16 4,877mm
51mm 38mm 152mm 140mm
4″ 3-1/2″ 8″ 7-1/4″
102mm 89mm 203mm 184mm
6″ 5-1/2″ 10″ 9-1/4″
152mm 140mm 254mm 235mm
** 黄色-インチ(inch) ** 12″ 11-1/4″
** 緑色-ミリメートル(mm) ** 305mm 286mm

容積について

ax_img_zaiseki
北米材の材積も、公称(呼称)寸法システムと同様、効率的に既定・運用されています。北米の製材材積計算は、ボードメジャー(Feet Board Measure)という単位を使用しておりFBMで表します。これは、縦:1ft(フィート) x 横:1ft(フィート) x 厚さ:1”(インチ) = 1FBM と既定したものです。(*1,000 FBM = 1MFBMと表し、通常MFBM単位で取引する)それも上記で示した公称(呼称)寸法を使用し、材積計算をする事で製材が未乾燥材(GRN)でも乾燥材(KD)でも同じ材積として取引きでき、簡略化する ことが出来るのです。但し、この材積表示はあくまで公称(呼称)寸法による材積(Nominal /ノミナル)ですので、実際のコンテナ積載容量や、日本の材積計算に換算する必要があるので注意が必要です。ちなみに、実材積ベースでは、1MFBM = 2.36CBMとなり、20ftコンテナ積載で約12,000FBM、40ftコンテナで約24,000FBMの積載が可能となります。