樹種:バルサムファー

学名:Abies balsamea マツ科モミ属 北米原産常緑針葉樹、名前は、バルサムモミ、カナディアン・バルサムとも呼ばれ、北米東部を中心に広く分布する樹種である。北米ではクリスマスツリーに使用する樹種としても最も有名で、樹高は通常15-20mで、大木になっても30mを越えるのは稀である。

balsam fir

特徴

芯材と辺材の差が少なく、全体に白色から淡褐色、年輪は鮮明である。バルサム芳香がある事で知られており、樹木の樹脂は接着材として利用され、バルサム芳香は独特の香りを持つ為、近年アロマテラピーとしても利用されている。

用途

木目が直通で、加工性も良好なことから、楽器、特にギターの本体パネルに使用されることが多いが、木肌が滑らかで、年輪が細く、木肌が白いこともありくっきりと見える為、柾目の内装仕上げ材や、化粧用木箱や高級木工品などにも利用される。

等級

等級:B1(最上級)、BH(ハイ・ショップ)、BF(ロー・ショップ)