未来を見据えた カナダ MSL社の建材

リサイクル木材繊維で製造されるカナダ発の防音パネル。
次世代エコ建材商品

防音事業のプロフェッショナル MSL社

カナダ東部、ケベック州に本社工場を構える Matériaux Spécialisés Louiseville (MSL社)は、カナダ大手の繊維板パネル専門製造メーカー。名前の通りルイスビル(Louiseville)で建材(Matériaux)に特化(Spécialisés)した製品を作り続けています。

品質の高い防音パネルやインシュレーションボード、木質ファイバーボードを製造していますが、MSL社が注目を浴びているのは、その各製品の品質の高さだけではありません。

材料の大部分は製材所や建築現場からの廃棄物を再利用。つまりリサイクル木材繊維を使用しているということ。また材料だけでなく、各製品の製造工程においても水の使用を極力抑えるなどと、地球環境にも配慮している点で大変注目されています。

MSL社製品すべての原料は天然・非毒性材料です。使用後は産業廃棄物としてではなく処理でき、大気汚染を引き起こしません。これからの建材は、使用後いかに地球に優しいかを考えなければなりません。MSL社の建材は、世界で最も環境に配慮した未来型建材といえます。

コーポレート・サステナビリティ

MSL社は、企業が担うべき社会的責任、コーポレート・サステナビリティ(CSR:Corporate Sustainability) を真剣に考え、取り組んでいます。2020年『次世代省エネ住宅義務化』 へのパートナーとして、環境にやさしいMSL社防音パネル各種をご利用ください。

msl LouisevilleQC

MSL社のまっすぐな取り組み

地球・エコ・音・未来

たったひとつしかない地球のため

今できることに真剣、そしてこれからのことも考えて。
MSL社木質繊維パネルは工場排水ゼロ工場でリサイクル100%を使用して製造

ゼロ排水

カナダは水が豊富な国として知られていますが、MSL社はこの限られた水資源を守る為に、世界で他に類をみない完全に閉鎖された水システム(完全閉ループシステム)を製造工場に導入。MSL社工場はISO9001で認定されており、この自動化された製造工程で各製品を製造しています。つまり製品を作る際に使用する水を最小限に抑え、使用した水を再利用し、工場からの排水が全くない(工場排水ゼロ)という環境に優しい製造プロセスをシステム化、実施しています。工場からの工場汚水や、産業排水で環境を破壊することはありません。

建材と地球温暖化の関係

建材を製造する工場排水の水質汚染は環境破壊地球温暖化の大きな要因のひとつと言われています。これからの未来の事を考えるMSL社は、工場汚水を排出せずにリサイクル可能で高性能な建材を製造しています。今、私たちにできることは、環境破壊や環境汚染の原因になる製品を購入したり、使用したりしない事なのです。

watersystem

エコのこと

木はエコロジカルな資源。
再利用可能な建材製品はこれからの未来を提案。

再生産可能な自然素材

環境保護の観点で、伐採や破壊にただ反対するのではなく、環境を守りながら、森林資源を持続可能な形で利用してゆくことが今後必要なのではないでしょうか。計画的に植樹伐採して使用する木材は最も持続可能な資源(再使用/再利用/再生産可能)と言われています。木材は使用後も自然に帰るエコロジカルな資源です。リサイクル木材繊維を使用するMSL社は、エコロジカルな建材ということです。

年間900万本の木を救う

MSL社で使用するリサイクル木材繊維板防音パネルの原料は製材所や建築現場からの廃棄物、ウッドチップです。MSL社は年間 25,000トンの木材をリサイクルしており、建材のパネルに換算すると約790万平方メートル、つまり 300,000本以上の木に相当します。これは30年以上にわたり900万本以上の木を救ってきたことになります。

エコマーク認定商品

リサイクル木材繊維100%から製造される防音パネル SONOpanII 財団法人 日本環境協会 エコマーク事務局から認定を受けた エコマーク認定商品です。エコマークとは、環境保全に役立つと認められた製品にだけに付けられる環境ブランドです。消費者のみなさんの選択の幅を広げ、よりよい社会にするための判断基準になります。  SONOpanIIは厳しい審査基準をクリアして認められた環境に優しい製品です。

MSLecoMark17111001
seedingPlant480x480

音のこと

音に囲まれて快適空間はどうしたら得られるのか。
自分らしい空間演出のための建材選び。

そもそも音って?

音とは空気の振動が波(音波)となって、わたしたちの耳に届く現象です。静かな時でも、30dB(デシベル)程度音が発生しており、どんな時でも音は常に存在しているのです。静かな図書館で40dB通常の会話で60dBと言われています。

空気から伝わる音・個体から伝わる音

話し声などは空気を媒体として伝わり(空気伝播音)子供が室内を走りまわる音配水管を流れる水の音などは個体(床や壁など)を媒体として伝わります(個体伝播音)
空気よりも、固体の方が音をよく伝え、また堅い固体を伝わる音は空気中よりも弱まりにくいというのが特長です。映画などで線路に耳をあてて列車が来るかどうかを確かめる場面などを想像してみてください。それは電車の振動が固い個体(線路)を媒体とし、見えない所からでも走ってくる音が線路を通して伝わってくるためです。

音と騒音

かわいい飼い犬の鳴き声も、近隣の人にすれば騒音と聞こえますし、小さなお子さんのはしゃぐ声も、時には騒音になりかねません。騒音が原因でご近所とのトラブルや訴訟問題は絶対に避けたいものです。壁などと通して伝わる個体伝播音は、窓を閉めて防げるものではありません。騒音が原因で傷害事件や刑事事件等も起きている昨今、マンションや家を購入する前にきちんと対策を立てるべきです。自分自身が隣近所に迷惑をかけるとこも避けたいものです。

防音パネルの必要性

カナダでは防音は建設訴訟の第二位となっています。施行後、建築基準を満たさなければ、後の財政的影響も少なくありません。日本でも騒音に係る環境基準値、つまり工場や交通などから発生する騒音に対しては騒音規制法という法的規制がありますが、子供の声や楽器の音などに代表される生活騒音といわれる騒音を規制する法律は現在日本には存在しません。個人のライフスタイルを尊重するためにも、防音対策は万全にしておきたいものです。

old gramophone

未来のこと

地球のためにできること。
次世代の子供達に未来と笑顔を

健康への配慮

MSL社製SONOpanIIの原料は天然・非毒性材料で化学物質を一切使用していないため、ホルムアルデヒド揮発性有機化合物を発生する事はありません。つまり、シックハウスによる健康被害などの心配もありません。家族が健康で安心して暮らせる空間を提供することをMSL社は何よりも一番に考えています。

非産業廃棄物

これから、住宅建材の使用後の処理をきちんと考えなければなりません。建設解体工事に伴う廃棄物の処理は環境問題でも重要視されており、間違った処理は環境汚染土壌汚染を引き起こしかねません。建材廃棄物の不法投棄で有害物質や有害薬品が土壌に流れ出したり、適正処理されなかった解体物が環境汚染の原因は、大きな問題になっています。建材は、使用後の未来を見据えなくては地球環境を守れません。

MSL社のSONOpanⅡに代表される各防音パネルの主な原料はリサイクル木材繊維です。またすべてにおいて天然・非毒性材料を原料としているため、大気汚染土壌汚染を引き起こしません。使用後も産業廃棄物としてではなく処理できます。

未来のための建材

環境を破壊しない持続可能な開発と、健康で人に優しい未来の建材の追求を目指し、MSL社は日々努力を重ねています。地球環境への取り組みは今までも、これからも、MSL社の終わりのない挑戦でもあります。

MSL防音製品各種

一般家屋設置例

1

MSL SONOpan II
壁用 防音パネル
SONOpanⅡ

2

refleXor
壁用 サーモ音響膜(防音シート)
REFLEXOR

3

SONOclimat Eco4
壁用 防音パネル
SONO climate ECO4

4

MSL SONOpan II
天井用 防音パネル
SONOpanⅡ

集合住宅・マンション設置例

1

SONOpro
床用 防音シート
SONOpro

2

MSL SONOpan II

壁用 防音パネル

SONOpanⅡ

3

refleXor

壁用 サーモ音響膜(防音シート)
REFLEXOR

4

SONObase
床用 防音パネル
SONObase

5

SONOclimat Eco4

壁用(外壁用) 防音パネル

SONO climate ECO4